ウォーターサーバーの料金

ウォーターサーバーの料金を比較する場合、幾つかの項目について検討する必要があります。
ウォーターサーバーを導入する上でどの料金に注目するかは自分のライフスタイルや使用用途、使用料などによって様々です。

初期導入費用が安くても長期的に考えると割高な場合もありますので、
よく注意をしてウォーターサーバー業者を選ぶ必要があります。

電気代

ウォーターサーバーの電気代は一か月あたりで計算すると
あまり変化がない場合がありますが、年間換算すると数千円異なる場合があります。

初期導入費用

ウォーターサーバーの初期導入費用は最近、無料の会社が多くなってきました。
その代わり、月額のコストが高くなる場合もありますので、注意が必要です。

サーバー代

ウォーターサーバー代も年間のコストを考えた場合、負担が多くなる場合があります。
安く月額の費用を抑えたい場合、サーバー代、電気代が安く済む会社を選びましょう。

ボトル代

水の消費量が多い場合、水の値段が重要になります。
天然水の方が一般的には割高になるため、費用を抑えたい場合はRO水を選びましょう。

送料・メンテナンス代

ボトル代と同じく水を多く使用する場合、水の送料が無料の業者を選ぶのがコツです。
また、ウォーターサーバーを利用する場合、メンテナンス代がかかる会社もあるため、注意が必要です。