レンタルと買い取り

ウォーターサーバーを導入を検討する時に、ウォーターサーバーを購入するか、もしくはレンタルするかで迷う人もいるかと思います。

初期費用がかなりかかってしまう買い取りですが、サーバー自体の月額コストをゼロにすることができるのが、買い取りのメリットです。

買い取りとレンタルのどちらを選ぶかは、メリットとデメリットを考慮して、慎重に検討しましょう。

ウォーターサーバーの買い取り

ウォーターサーバーを買い取るメリットは、やはり月額の固定費用が発生しないことです。

そのため、水の代金、メンテナンス費用、電気代以外のコストがかかりません。
さらにメンテナンスやお手入れをしっかりとすることで、ウォーターサーバーを長期的に使うことでレンタルをするよりもトータルで費用を抑えることもできます。

ウォーターサーバーのレンタル

ウォーターサーバーをレンタルするメリットは、初期費用を安く抑えることです。

お試しで幾つかの業者を利用した後に、サーバーを購入するというのも一つの方法です。
短期間での使用、また、初期費用を抑えたいという場合はレンタルがお得といえます。

最終的には使用予定期間を考慮して計算

ウォーターサーバーを導入する場合、最終的には、"買い取るサーバーの価格"÷"予定使用月数" の金額がレンタルの月額費用を下回るのなら、買い取りがお得です。
逆に上回る場合は、レンタルがお得になります。

買い取りの場合の費用

ウォーターサーバーを買い取る場合、初期費用は会社ごとによって異なりますが、一般的には20,000円~200,000円程度となっています。