バナジウムとは?

バナジウムとは、カルシウムやマグネシウムなどと同じくミネラルの成分の一種です。パナジウムは人間の体を構成する必須のミネラルの一つです。

パナジウムはまだ、最近になって注目を浴び、体との関係が研究されるようになりました。富士山の地下水にはパナジウムが豊富に含まれているため、それらを売り物にしたミネラルウォーターも登場していきています。

しかしながら、パナジウムの効果において血糖値を下げるというのは、まだ医学的根拠はありません。幾つかの研究によって、糖尿病のネズミには効果があるというのが判明したそうです。

そのためパナジウムには体の健康を保つためには、とても良いお水となります。血糖値の高さが気になる方や、血圧が下がらなくて悩んでいる方は、ぜひ一度お試しすることをお勧めします。

パナジウムの効果

バナジウムは人間に必須のミネラルの一種です。体内でインスリンと同じように血糖値を下げる働きをするため糖尿病治療に有効と考えられています。また、バナジウムは体内から有害な毒素や老廃物を排出する働きもあると考えられていて、コレステロール値を下げたり、血圧を下げるなどの効果も期待されています。

水以外にパナジウムを多く含む食品

バナジウムを多く含む食品は、パセリ、ディル(香草)、黒コショウ、マッシュルーム、貝類やエビ・カニなどです。