ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターとは、ペットボトルや瓶などの容器に入っている飲料水で、
そのうち、地下水を原水とするものです。

日本では、一般的にはナチュラルミネラルウォーターのことをミネラルウォーターとすることもあります。
ナチュラルミネラルウォーターは原水を特定の水源より採取された地下水、
または地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもので鉱水、鉱泉水などを指し、
濾過、沈澱および加熱殺菌に限る殺菌処理を行われたものを指します。

日本のミネラルウォーターなどは殺菌処理をしている水が多いです。
そのため厳密な意味では天然水ではありません。
日本でのミネラルウォーターの生産量は山梨県が1位、続いて静岡県、鳥取県と続いています。

もし天然水の水が良いという場合は、ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターが天然水という部類になります。
エビアンやボルヴィックなどで有名なヨーロッパから輸入されているミネラルウォーターは無殺菌です。
そのため殺菌処理がされておらず、天然水、自然の水ということになります。

最近では健康ブームなどの影響もあり、比較的水事情の良いと思われていた日本国内でも、
大都市圏などの水道水には、水源の有機物系の臭いや水道配管の錆、
さらには消毒のための塩素の臭いやトリハロメタンの危険性など、水質に問題があると感じる消費者も増えている。
ミネラルウォーターはこのような地域を中心に売上を伸ばす傾向にあり、コンビニエンスストアなどでも普遍的に見かける定番商品となっています。

なお、ミネラルウォーターの水質基準は、水道水よりもゆるく(砒素濃度が水道水の5倍まで認められるなど)、
また水質検査間隔などの規制もゆるい。
あくまで、飲料のみの用途を想定しているためであり、日常的に料理などに使用するのは基準の想定外である。