水の上手な飲み方

人間の体の約60%は水分でできています。そのため、健康の維持には水分の補給が必要不可欠です。
水は栄養を吸収したり、老廃物を排出、体温を調整するなどさまざまな役割を果たしています。

人間の体からは1日2.5リットルの水が排出

人間の体からは、1日約2.5リットルの水分が排出されています。汗、尿、便などから排出されるのは
もちろん、呼吸をすることによっても水分が失われています。

食事からは約1リットルの水を吸収

一般的な食事から人間は1リットルの水分を吸収できます。そのため、残りの1.5リットルを飲み物から
補給する必要があります。

上手な水の飲み方

あくまで個人的な目安ですが、1日に最低でも1.5リットルの水を飲む必要があります。
最初は1.5リットルの水を1日に飲むのはなかなか大変ですが、慣れてくると次第に1日2リットル程度
飲めるようになります。

コップ一杯程度をこまめに飲む

水分補給は一度に補給するよりも、コップ一杯程度の水をこまめに飲む方が理想的です。
そのため、コップ一杯が通常、200ミリリットル程度ですので、7-8杯程度飲むのが理想的です。

起床時には必ず水を飲む

睡眠中は大量の汗を知らないうちにかいているため、血液濃度も朝が一番濃い状態です。
そのため、朝、コップ一杯の水を飲むのが非常に大切です。

就寝時にも水を飲む

上記のとおり、睡眠中も水分が足りなくなります。そのため寝る前にも必ずお水を飲むようにしましょう。