赤ちゃんに良い水とは?

赤ちゃんに飲ませる水は硬度の低い軟水の水が良いと言われています。 なぜならば、硬水にはミネラル
成分が豊富に含まれているため、まだ胃や腸などの内臓発達が未熟な赤ちゃんは頻繁に下痢を起こしてしまうからです。ミネラルウォーターに多く含まれているマグネシウムは、下剤の成分として作用するため便秘がちの大人にはお薦めなのですが、赤ちゃんには硬水はやめましょう。

また、粉ミルクにはすでにミネラルが含まれています。そのため、ミルクをミネラルの高い硬水で作ってしまうと、大量のミネラルが体内に取り込まれてしまい、大変危険です。

そして、多くの海外輸入ブランドのミネラルウォーターの除菌されていないので、微量の細菌が含まれている場合も多いです。赤ちゃんへはできるだけ煮沸した純水をあげるようにしてくだし。

最後に、お母さんのお腹の中の羊水や母乳も、お母さんの健康状態や飲み水によって大きく影響してしまいます。赤ちゃんに飲ませる水にだけ気を使うのではなく、お母さんが飲む水にもちゃんと気を配りましょう。